hatena name="profile #現代レイキ #Ras #自分を大切にする #旅行 #断捨離

思い描く未来を生きていく

自分探しの途中、いろんな人との出会いや助けで自分を大切に出来るようになりました。今度は、必要な人に届けることが出来ると嬉しいです。日々の楽しかったことなども記事にしています。

RASを知ったきっかけ。

をこんにちは。

昨日、念のために耳鼻科へ行ったら、

 

抗生剤を処方して頂きました。

たいした自覚症状はなかったのですが、

先生からしたら

「熱が出ていないのが不思議なくらいの症状」(重症)

だそうで、行って良かったです。

そう言われると

気分の持ちようで、

どーんとしんどいような。笑

 

 

ちょっと体力つけたいなと思った先週、

いつもだったら休養をとるところ

頑張ってあれこれ動きまわり

今週早速、体に出ました。

分かりやすすぎる~

私の体さんよ、

頑張りすぎてはいけないサインを出してくれて

ありがとう!!

 

 

季節のかわりめは

体にも負担がかかっているので

いつもより休養は多めに。🍀

体力つけるのも

徐々にしていくのが良いですね。🍀

 

 

そんなわけで、

今日もゆっくり

お家で過ごしています。

 

 

昨日は、

私が伝えていきたいと思っているRASについて書きましたが、

今日は、

どうしてRASに出会ったのかを書きたいと思います。

(また現代レイキの話も書きたいと思っています。)

 

 

私が初めてRASを知ったのは、

約2年前の5月ごろ。

私は家族のことで悩んでいました。

具体的には、

高校生の息子が学校をしょっちゅう休むこと。

高校は単位制で3分の1以上休むと卒業出来ません。

せっかくご縁を頂いた学校を卒業して欲しいということに、

当時の私、かなり執着していました。

今だったら、違う見方をしますが、

当時は、きつかったんです。。

(その後、息子は学校の先生や友人に助けられ、

無事に卒業。今は大学生活を楽しんでいます。)

 

 

そんな時、

「小麦アレルギーと思っていたけれど、

 自分を苦しめるための思い込みだった。

 自分が変わったのは、あること(RAS)をしたから。」

はっきりとは覚えていないのですが、

こんな風に話してくれた人に出会ったのです。

 

 

で、藁にもすがる気持ちで?!

RASを受けたいって

一瞬で決めました。

 

 

ちなみに、RASって、

松坂宏一さんという方が作られたシステムで

ホームページもありますが、

パソコンが苦手なために、

ここにコピペ出来なくて。。残念。

 

 

で、まず一回受けてみたのですが、

いろんな気づきを体感したのが楽しくって、

たぶん2回受けてから

RASファシリテーター養成講座を受けることを決めました。

当時は、家族にRASをしてあげられたらいいな、

くらいにしか思っていませんでしたが、

(この時は、まだ外側を変えようとしていました。

自分が変わることが大切なのに。)

 

 

受講を終えてからの約1年の間にも、

自分の中でより解放がすすんでいき、

RASやってみよっかなって決めました。

今の気持ちを大切に、

ご縁のある方と出会っていけたら嬉しいなと思っています。

 

 

 

《今日のひとり言》

 

しんどい時は、人に頼っていい。

自分を大切にする許可を、自分に出そう。

傷ついたときは、しっかり受け止め、

傷ついた自分を癒してあげよう。

すべて自分!

他人を変えようとしても何も変わらない。

 

同じことを人に言われても、分からなかった。

みんないろんなことを経験して、

腑に落ちて気づいていくのだと思います。

自分を知ることは、一人だと出来ない。

私のまわりのすべての人に感謝したいと思います。

ありがとう。

 

 

 

ここまで読んで下さり、

本当にありがとうございます!!